子供の矯正


将来の歯並びのために必要な小児矯正


矯正のために大人の歯を抜いて矯正された方も多いのではないでしょうか?

歯を抜いてから矯正をするということは、顎が小さくスペースがなかったことが原因になるのですが、

最近のお子様は顎が小さく、大人の歯を全て並べるだけのスペースが足りないお子様が多く見受けられます。

 

小児矯正の最大の利点は、顎の成長期時期に、顎を拡大させスペースの確保をして、歯を抜かずに大人の矯正に

繋げて行くことができることです。


成人矯正と小児矯正


成人矯正は歯を綺麗に並べ、噛み合わせを改善して行くことが最大の目的となりますが、小児矯正は顎の成長速度の

コントロール、成長に悪影響を及ぼす噛み合わせを治療することが目的になります。

 

小児期の歯並びや噛み合わせなどは、成人になっても心理的な悪影響を及ぼしたり、成長期に歯並びに対する

コンプレックスがあると、虫歯、歯周病、顎関節のリスクなども上昇してしまいます。

 

何よりお子様の心の健康を保つためにも矯正というものは幼少期の頃から行うことを勧めております。


いつから始める小児矯正


小児矯正はお子様のお口の状態により治療方法が様々あるので、一概には言えませんが、

当院では上下の前歯が生えた頃 (8才前後)から始めていきます。その前から定期的にお口の中を確認させていただき、成長スピードに合わせて6才くらいに一度、矯正医のチェックを受けていただければと考えております。