口腔外科治療

 大学病院へ行かずに口腔外科治療が可能となりました 

 

当院には日本口腔外科学会認定医の歯学博士 歯科医師が2名在籍しております。親知らずの抜歯は大学病院か口腔外科対応の大きな病院に紹介することが一般的ですが、時間的制約や距離的制約などお仕事の関係で通いづらいかたも多くいました。

当院では難症例の治療でも口腔外科医が対応しますの「親知らず」でお悩みの方はご連絡ください。

 

横向きに生えている親知らず(半埋伏智歯)

完全に骨に埋まっている親知らず(完全埋伏智歯)

顎の中に埋まった親知らずや口腔内に出来た「のう胞」や「腫瘍」の摘出手術なども行います。

一般歯科医院では難症例の親知らず手術を専門に行える施設はあまりなく、総合病院への転院や紹介を勧められることが多い現状です。

 

安田歯科・矯正歯科医院では大学病院から口腔外科専門の先生をお呼びして手術を行っております。

大学病院へ行かず、紹介状不要で大学病院の口腔外科医にて治療が可能となりました。

 

画像のような、一般的には難しいと言われる親知らずも当院で抜歯が可能です。


口腔外科認定医による処置が可能です

 

当院には「日本口腔外科学会認定医」の歯学博士 歯科医師が2名在籍しております。

口腔外科担当・インプラント担当それぞれが専門的な治療を行い一般的に難しいと言われている手術にも対応しております。

また、舌の不具合の診断、顎関節治療など様々な症状に対応しておりますので不安なことがありましたら、一度ご来院ください。

 

 < 対応する症状例 >

 

埋伏歯

(顎の中に埋まっている親知らず)

良性腫瘍 

(脂肪腫、粘液腫、etc…)

 歯の移植  骨の再生
インプラント 粘液嚢胞・嚢胞

抜けないと言われた「親知らず」もご相談ください

 

埋伏歯の場合、神経の位置、骨の厚さなどの状態によっては専門病院での抜歯を紹介されることもあると思います。しかし、総合病院が近くに無く遠い場所まで行って次回の予約が1〜2ヶ月先ということも多くあります。

 

当院では患者様の通院の煩わしさを少しでも軽減できればと思い、外科医による手術日を設定いたしました。

他院で抜⻭を断られた⻭でも抜くことができる場合も多くありますのでぜひ一度当院 にご連絡ください。 

 ※手術日・口腔外科診療日につきましてはお電話にてお問い合わせまたは診療カレンダーをご確認ください。

CT撮影の元、特別診療室でプライバシーの守られた手術

 

手術の際はCT撮影を行い、歯や腫瘍の位置を3次元的に把握し手術を行います。3次元的に把握することにより、スピーディーで安全な手術を行うことが可能です。

また、完全個室の特別診療室で手術を行うため、プライバシーの確保とリラックスした状態で手術を行うことができます。

 


親知らずとは?

 

親知らずとは 18~30 歳前後で生えてくる第三大臼⻭と呼ばれる前から 8 番目の⻭のことを 指します。

日本人の骨格上、正常に生えてくることが少なく、斜めに生えてきたり、真横に生えてくる ことがほとんとです。完全に骨の中に埋まっている場合は炎症を起こすことは少なく、⻭の一部が見えてきた時に炎症や⻭茎の炎症を引き起こし痛みが生じます。

 

親知らずは抜く必要があるのか?

 

親知らずがまっすぐ生えており、問題なく噛み合わせを構築している場合や、完全に骨の中 に埋伏しており、無症状で炎症もない場合は抜く必要はありません。 ⻭ブラシが届きにくい場所なので、定期的なクリーニングが必要です。

 

どのような場合に親知らずを抜くのか?

  1. 親知らずが原因の痛みや炎症がある
  2. 親知らずにより⻭並びに影響を及ぼす可能性がある
  3. 親知らずが原因で手前の⻭に虫⻭や炎症がでてきている
  4. 矯正治療を行う方で親知らずを抜く必要がある場合

上記の場合等は親知らずを抜く必要がありますので、その場合はご連絡ください。


痛みに最大限配慮した治療の取り組み

  • 痛みに最大限配慮した治療
しっかりと麻酔を使い、術中に痛みが出ないようにコントロールを行なって治療を行います。また、注射の痛みも極力軽減していきます。表面麻酔も使用し、口腔外科医が注射による局所麻酔をおこないます。
  • 早い処置時間

当院では CT レントゲンを使用し、豊富な経験のドクター、豊富な外科器具によって、処置時間の短縮に心がけております。処置時間の短縮は術後の痛みの軽減につながります。

  • 十分な説明

親知らずがどういう状態で、抜く必要があるのか、抜かない場合のデメリットなど、処置前にしっかりと口腔外科医による説明がありますので、安心してリラックスして処置に移行でき ます。

 

痛みが極力ない治療のポイント

 

ポイント1 的確な診断

 

CTレントゲン設備CTで3次元的に診断を行うため、神経の位置、⻭の向きなどを事前に確認することで手術時間の短縮、最小限の手術が可能となります。

 

ポイント2  十分な麻酔

 

十分な麻酔の投与痛みのない治療を行うために十分な麻酔を行います。 治療中の追加麻酔を極力少なくすることで、安心な治療を可能にしております。

 

ポイント3  最小限の切開

 

最小限の処置事前に CTレントゲン撮影により親知らずの方向を確認しているため、⻭茎の切開や骨の削りも最小限にできるため、痛みや腫れが少ない処置が可能になります。

 

ポイント4 経験豊富なドクター

 

口腔外科認定医による正確な処置当院では、経験豊富なドクターによる処置を行うため、大学病院に紹介するような親知らずのケースでも対応しております。 経験の豊富さは安全でスピーディーな処置になります。

 

治療の流れ

 

親知らずの炎症時には麻酔が効きづらく痛みを伴う抜⻭手術になるため、まずは応急処置を行います。炎症や痛みが軽減したのち、抜⻭をおこないます。炎症がなくなるとよりしっかりと麻酔がかかり、極力痛みが少ない(痛みのない)治療が可能となります。

 

①応急処置

親知らずが原因で痛みがある場合はまずは応急処置が必要になります。

<応急処置の内容>

・消毒

・投薬処置(痛み止め・抗生物質処方) 

・噛み合わせ調整 など

②抜歯 (口腔外科医が実施)

③消毒・抜糸

④メンテナンス

即日抜歯について

 

 口腔外科医の診療日で当日に予約が空いておりましたら、即日抜⻭も可能です。

 

*ただし、親知らずの炎症時等には麻酔が効きづらく痛みを伴う抜⻭手術になるため、まずは応急処置を行います。

炎症や痛みが軽減したのち、抜⻭をおこないます。それによりしっかりと麻酔がかかり、極力痛みが少ない(痛みのない)治療が可能となります。

よくあるご質問

Q.親知らずは抜く必要があるの?

全ての親知らずを抜く必要はありません。
痛みや炎症やその他不具合の原因になる親知らずは抜⻭をする必要があります。

Q.⻭を抜くのにかかる時間と費用は?

初めての親知らずの場合は外科医による説明や、状態の確認などがあります、約1時間の予約時間をいただいております。
保険診療で 1 本約 3000〜5000 円です。 また初回のみ CT を撮影する必要があるため CT撮影代が約 4000 円前後必要です。

Q.痛みがある場合はすぐ抜く必要があるのか?

炎症がひどい場合はまずは応急処置と投薬になります。
痛みが強い時の抜⻭は麻酔が効きづらく痛みの強い処置になりますので、ますは痛みを引かせるための投薬と応急処置をおこないます。
また、緊急に⻭を抜く必要がある場合は抜くこともあります。

Q.親知らずが神経に近いと言われたが大丈夫なのか?

当院で親知らずを抜く場合は、CTレントゲンを撮影します。
神経に近い場合はレンゲンで位置を確認しながら注意しながら処置を行なっていきます。
神経を傷つけないように細心の注意を払いながら行なっていきます。 もし、神経が若干損傷した場合は外科医による経過観察を行い、 投薬をいたします。 当院での抜⻭が困難な場合は大学病院に紹介をさせていただきます。

ご紹介いただく医療機関の方へ

 

当院ではご紹介による外科治療をおこなっております。 ご紹介していただけました患者様におかれましては、抜⻭のみ行いますので、ご安心ください。

  • 矯正治療における抜歯に対応しています

当院は矯正治療における永久歯の抜歯を行っております。当院治療中の方はもちろんのこと、他院で矯正を行っており『 抜歯だけ 』のご依頼にも対応しております。

※当院にて矯正治療中の方 1歯¥5,500-

他院からのご依頼の方は  1歯¥11,000-  (親知らずの抜歯は保険治療の場合もあります。保険証をお持ちください)